2017.08

久しぶりにフランス映画を。

「Amour & Turbulences」

自分が持っていたフランス映画のイメージが壊されました。

とっても軽快で、まるでアメリカ映画のよう。でもフランスっぽい雰囲気もあって。

DVD買おう。好きな映画は持っていたい派なので。

次は何を見ようか。

それにしてもリュディヴィーヌ・サニエ。可愛かった。


僕だけでしょうか。フランス映画を見た後ってどうしても「メルシー」って言いたくなるのは。

それにしても「恋のときめき乱気流」という邦題は、、。

まぁ直訳もほぼ一緒ではあるんですが。


そんなこんなで映画の余韻に浸っている中でこのブログを。


8月はネタ作りに没頭してました。

いつも悩むのですが。何かひとつ、突き詰めていった方がいいのか。それとも様々なジャンルに触れていった方がいいのか。結局は考え方次第であって、僕はどちらの選択肢もありだと思ってます。

今回僕は後者を。

フレンチポップを。あとアイリッシュ系も少々。なんかおしゃれなんですよね。僕の感覚的に。ほら、なんで冒頭でフランス映画を見たのかって理由に繋がった。

まぁ、こうして少しずつでもいろいろとかじって自分の血となり肉となっていけば嬉しいです。視野ももっと広げたい。

はて。どこまで到達すれば満足するのでしょうか。


あとはM3に向けての準備、かな。

どこまでの発言が許されるのか、相方に確認していないのでここでの明言は避けますが。

やっぱり曲が形になっていくのはいつもドキドキワクワク。

特にアレンジ担当となると。

自分たちの曲なので好き勝手やってます。ただし、オーバーアレンジにならないように気をつけつつ。。


それと、KOMPLETEもようやく9⇒11へ。

Action StrikesやKinetic Metalなんかは早速お仕事で使わせて頂いています。「よっ!即戦力ぅ!」な感じです。

地味にStrummed Acousticも活躍中。←ギター弾けるくせに。。

最近はプラグイン関係ばかり買い漁っていたので、そろそろギター周りにも変化が欲しいなと思い始めている今日この頃。

バリバリ歪むアンプが欲しいなぁ。なんて。

スライドギターも練習したい。

あわよくば、、デレクになりたい。

でもオープンチューニングにするのちょっとめんどくさい。スライド専用のギターでも用意出来たらいいのですが。

ちなみにスライドバーは中指派です。薬指だとスライドバーを使わないフレーズの時に落とすので。使ってるバーが悪いのか。僕の指が短いのか。

あ、久しぶりにTedeschi Trucks Band聴きたくなってきた。

いいですね。

この曲大好き。

地味にRyan Shawがコーラスに加わってるのもポイント。

Ryan Shawは1stしか持ってないけど、これがすごくすごく好き。完全にジャケ買いだったけれど。そんな彼がコーラスしてるし、ベースはまだOteil Burbridgeだし。


ほら、また収集がつかない感じになってきた。

このままだとどんどんおかしな方向に進みそうなので、今月はここまで。


10月はM3。

頑張ろう。


それでは。

タグチフミヤ Official BLOG.

Sound Produce, Compose, Arrange & Guitar. 依頼、各種お問い合わせはこちらまでお願い致します。 contact@fum1z0music.com