2017.11&12

忘年会ラッシュです。

毎日酔ってます。

タクシー使いすぎてます。

来月は確実に節約生活ですね。

そしてお仕事を頑張らねば。


さて。


行きたかった場所。

見たかった映画、ライブ。

仕方がないと自分に言い聞かせるけど。やっぱり悔しい。

その分いろいろな経験が出来たのではないかなと思っています。やっぱり感謝ですね。


もうこんな日にち(12/28)になってしまったので、今回は11月12月合併号ということでお許しを。

忙しかったと言えば嘘ではありませんが、ブログを更新する時間がなかったというのも嘘で。


最近は寒くなりまして。外に出るのも億劫です。

乾燥も辛いです。風邪もひきました。4ヶ月連続じゃないかなぁ。免疫力低下し過ぎ。悪い病気になってなければいいけれど、、、。

手洗いうがいは必ずしましょう。


先日は、帰省と託つけて北海道へ。

寒かった。けど、気温ほどではなかったです。なぜだろう。東京の方が数段寒く感じるのです。寒さの種類が違うというか。

次ぎ帰るならやっぱり夏がいいな。荷物も少なくて済みますし。

帰省中もお仕事したりであまり休めなかったので、今思えば何しに帰ったのかなと思う部分も少なからずありますが、ご挨拶も出来ましたし、結果的にはよかったかなと。

あとは風邪をひかなければ完璧だったかな。


という訳で短い帰省も終わり、日常に復帰しています。

ただ、帰ってきてからもバタバタで部屋の中が物で散乱。片付けたいのに片付けられない。洗濯したいのに、夜中だったり。睡眠時間削って映画見ても途中で疲れて寝ちゃったり。日々の勉強もあまり進んでません。

何かを平行して進める事が出来れば良いのですが、。

基本的にTVよりラジオ派の僕は大好きなラジオ番組がいくつかありまして。

本当ならばお仕事を終えて、お風呂に入りながら、あるいは布団で横になりながら聴きたい。でも現実はそうもいかず。ほら、僕って一日中音をいじって遊んでる訳じゃないですか。(←自分を卑下し過ぎかな)なので、なかなかお仕事と平行して聴くってことも出来ない訳で。

そういう面ではなかなか相性のよくない趣味を持ってしまったなぁ、と思う訳ですよ。

ラジオ聞きながら勉強なんて、今考えたらよくそんなことやっていたなぁと。

そんなことしていたから勉強も全然頭に入らなかったんだろうな。当時はそんなこと考えていなかったのだろうか。

ほら、年齢を重ねないとわからないことってあるでしょ。(←何の話だ)


だからといってわざわざ相性の良い趣味を探すなんてことはしませんが。

もっと効率良く時間を使えるようになりたいですね。

イレギュラーな事があってもダメージ(?)を最小限に抑えられるように。



11,12月はいろいろとありました。

自分に足りないところがたくさん見えました。

もっと精進せねば。

嫌になる事、投げ出したくなる事もありましたが。意地でも食らいついてやり遂げました。だって、そこで諦めたら何もなくなる訳で。ダメなところも良いところもちゃんと受け入れなければ。

逃げるのもひとつの手ではあるかもしれないけれど、出来ない事から目を逸らしていればいつまで経っても横に平行移動するだけ。確かに同じ場所で足踏みしているのとは違うから変わった気になってしまいそうだけど、それってただ見える景色が変わっただけで。実際には理想との距離は変わっていないから。理想をいろんな角度からみて、知った気になるのも恥ずかしい。そんなことで満足していてはいつまで経っても前には進めない気がする。僕の場合、今にすがりついていても何もないのだから。

やるやらないは別として、今の自分を受け入れた上で、なりたい自分を想像する。で、何が足りないのか、何をするべきなのか。そしてそれをいつまでに実現させるのか。

プライドって大事だと思うけれど、時に自分の成長を邪魔してしまう。

自分の為に動けるのって結局は自分だけだって思うのです。


人との繋がりって本当に大事だって事を最近よく感じるけれど、そこだけに頼る事なく。自分には理想があるのだから根本の部分は曲げずに、自分自身の為にももっともっとたくさんの時間を使っていこうと思ってます。


ちょっと辛気くさくなったので、最近のお気に入りを。

スマパンは聴いていたけど、ソロは全然興味がなくて。

最近ようやく手が延びて。聴いてみたら、グサッと。


押し付け感がないよね。

聴き手に寄り添ってくれるというか。


ジャンルによって仕方ない部分はあるから一概には言えないけど、やっぱり作り手の努力が見えたら作品としての質が落ちる気がする。質って言葉は違う気がするけれど。今は他の言葉が思いつかないなぁ。

たまに作り手の苦悩を追いかけてる番組とかあるけど、あれ嫌い。

作品って作り手が強要するものじゃない。

もの作りってどういう過程で出来上がるのかな?っていう意識で見るのなら話は別だけれど。

あくまでも受け取ったひとりひとりのもの。どんな状況で、どんな形で、誰と聴いていたっていい。

こんなに頑張りました!だから見て聴いて!っていうのは違う。そんなのは関係ないんだもん。それはあなたが勝手に頑張っただけでしょって。作品に対しての自信やプライドを持つのはいいよ?でもそれは良いものを生み出すために必要なことだったってだけ。ましてやそれを自分から発信するなんて。

大事なのは作品であって、努力を認めさせる為に作品がある訳じゃない。みんな頑張ってるもん。それは大前提なのに、そこをフィーチャーするのはなんか腑に落ちない部分があって。だってそれがなければ作品が出来ることもない訳で。そうすれば音が届く事もない。

物語を紡ぐのは作家じゃない、と僕は思うのです。

でも、アーティストさんは別かな。

アーティストさんって表現者なので。

…そう考えたら僕の発言に多々矛盾が出てくるな…。目を瞑ろう。


これが僕のスタイルってだけ。

考え方は無数にある。必ずしも僕が正解じゃないってこともわかってます。

ただ、今の僕はこういう考えだということ。

来年の今頃は全然違うこと言ってたりしてね。そしたら笑える。


結局語ってしまった。

いろいろ溜まってるのかなぁ。


という訳で。

これが年内最後の更新となります。

皆様、よいお年を。

来年もよろしくお願いいたします。




ずっとずっと歌うってことから逃げてきたけれど。

ギタリストだからインストアルバム作らなきゃって思い込んでいたけれど。

商業ベースではない限り、下手でも自分で歌うって選択肢があっても良いのかもね。


自分の納得する音楽を生み出すっていうのも来年のひとつの目標です。

James Ihaみたいになれたらなぁ。

バンドのいちギタリストが歌うアルバムって意外と好きだったり。ギターボーカルじゃダメ。あくまでギタリスト。

Pete Lesperanceとかね。今他には思いつかない。



その為にも英語頑張ろう。


My English is not good yet.


『まだ』だからね。

未来は誰にもわからない。

タグチフミヤ Official BLOG.

Sound Produce, Compose, Arrange & Guitar. 依頼、各種お問い合わせはこちらまでお願い致します。 contact@fum1z0music.com